Vagrantについての覚書(更新)

Vagrantで最初に使うコマンドについての覚書

  • 今後、記録と備忘録を分けて行くことにした
  • 前回のエントリから備忘録的記述を分岐
  • 2019/11/20更新
  • 2020/7/26更新

参考

Vagrant HashiCorp

UdacityのYoutube

概論

  • 仮想の開発環境を構築する為の仕組み
  • 同時に動かす仮想環境は一つだけにした方が良い。
  • 仮想化(Virtuarization)の際には必要な時に必要なボリュームを用意するプロヴィジョニング(Provisioning)を考慮する事が重要。

良く使うコマンド(仮想環境外)

下記は仮想環境を作りたい(作った)フォルダの中で実行するコマンド。
仮想環境の中で実行すると下記の様なエラーが出る。

これはvagrantがどっか行っちゃったのでは無く、今正にvagrantの中に居るので、その仮想環境内にはvagantは無い、と言う事。
俺の中に俺はいない、と言う哲学的な話でしょうか。(多分違う)

(1)vagrant up

1番最初に使う環境を整える為のコマンド。vagrantのフォルダに入ってからターミナルで実行する。

(2)vagrant ssh

  • 仮想環境にアクセスする為のコマンド。もっとも使うコマンドでもある。
  • あくまで仮想環境なので実際のlocalフォルダにはない。terminalのコマンドcdでvagrantのルートフォルダに移動する際には、”/“から始まる”/vagrant”で移動する。
  • 仮想環境”/vagrant”のフォルダと、Mac内のvagrantのフォルダは同期される。

(3)vagrant halt

  • 仮想環境の終了。
  • 仮想環境の/vagrantフォルダではなく、Mac内のvagrantフォルダで実行するコマンド。別ターミナルを開くなりしてvagrantに移動してそこで実行する仮想環境が閉じる。
  • 仮想環境の中、/vagrantフォルダから終了する場合は”exit”と打ち込むか「ctr + D」
  • 上記の終了方法(”exit”と打ち込むか「ctr + D」)はvagrant suspendと同様の行為。このコマンドで出た後、改めてそのフォルダ内でvagrant haltで完全終了(2020/7/26追記)

(4)vagrant up

  • 一度環境を作ったフォルダで再度ログイン。
  • 2回目なので早めに終了する。
  • Vagrant haltで終了した時も、次のVagrant suspendで終了した時も開始は同じvagrant up。

(5)vagrant suspend

  • 一旦停止
  • 停止後再upしたら”==> default: Resuming suspended VM”と出てすぐ再開かと思いきや、一からのupとそれほど時間は変わらなかった。これはVMwareでもsuspendの回復ではそれなりに時間がかかったのと同じかもしれない。
  • と言う事で、時短ではなく作業途中のまま置ける、と言うイメージ。
  • このコマンドもhaltと同様に仮想環境ではないvagrantのフォルダ内で実行。(ここのコマンド全部同様なので削除 2019/11/20)

(6)vagrant status

  • 仮想空間の状況を確認するコマンド
  • vagrant up直後はこのコマンドで使用システム、Memory usage等のstatusを確認出来る
  • vagrant sshの後は使えなくなる。

(7)vagrant destroy

  • 作った仮想環境を破棄するコマンド
  • ハードドライブのフォーマットの様なコマンド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください