Macでpyperclipをインストールしたのに、インポートするとNo module named 'pyperclip'が出た時の1つの対応

そう、今日はクリップ繋がりの話。

普段Pythonの外部モジュールをインストールする際、できるだけbrewでインストールしていたが、pyperclipについては対応していない様なのでpip(package installer for Python)でインストールした。

順調にインストールは終了、早速使おうとした所、インストール出来ていないかの様なエラーメッセージがでる。

Google先生に確認した所、同じ様な質問が見受けられた。

回答にあった
とりあえず”pip show”をして場所を確認せよ
を実行。

ここで気づいた。pipで入れたのでpython2の下に入れていた。
インストール時の履歴を見たらpython2がreach the end of its life on January 1st, 2020.した旨の記述がありました。インポートした時はしっかりメッセージを見ないといけませんね。

と言う訳で気を取り直してまずはuninstall。

そしてインストール。今度はpip3で。

無事にインストールが出来ました。
import pyperclipを実行してもエラーが出ません。
と言う事で使っていきます。
いつも有用情報の共有感謝。

今回の学び

  • 今後pipでインストールする場合、”pip3″を使う事。
  • 上手く進まない時はまず”pip3 show pyperclip”でどこに入ったか確認する事。

一通りPythonを知った後の抜け漏れチェックや復習に良い本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください