Python decoratorの簡単な練習3

Decoratorを使えば、一種のベンチマークテスト(benchmark test)もできる。

ここでのベンチマークテストとは、その関数を実行するのに掛かる時間。

下記ファイルをbench.pyとして保存。

import time
import functools

def Timer(func):
    @functools.wraps(func)
    def Wrapper(*args, **kwargs):
        stime = time.process_time()
        ret = func(*args, **kwargs)
        etime = time.process_time()
        print('{0}: {1:,f}ms'.format(func.__name__, (etime - stime)*1000))
        return ret
    return Wrapper 
    
@Timer
def Test():
    print("Hello world")
    
Test()

こちらのページを参考にさせて頂きました。感謝。
pythonのデコレータを使ってお手軽ベンチマーク

こちらはPython(2)を元にしたコードなので少しPython3に手直ししています。
一番はPython3のtimeモジュールにはclockと言うattributeは無い事、printが関数になった事。

代わりのattribute、process_timeを使い、print()には括弧を付ける。

こちらを実行すると下記の様になり、通常の出力と共に、実行に掛かった時間が出る。

% python3 bench.py
Hello world
Test: 0.066000ms

Python decoratorの簡単な練習1でやった様にfor loopも測ってみる。
5個では少な過ぎるので、100まで(0〜99)の数字で下記のbenchfl.pyを作る。

import time
import functools

def Timer(func):
    @functools.wraps(func)
    def Wrapper(*args, **kwargs):
        stime = time.process_time()
        ret = func(*args, **kwargs)
        etime = time.process_time()
        print('{0}: {1:,f}ms'.format(func.__name__, (etime - stime)*1000))
        return ret
    return Wrapper 
    
@Timer
def Test():
    print("Hello world")
    
Test()

@Timer
def forloop():
    for i in range(100):
        print(i)

forloop()

出力は下記の通り、Hello world出力よりは少し時間が掛かったことが分かる。

% python3 benchfl.py 
Hello world
Test: 0.193000ms
0
1
2
3
4
5
(中略)
96
97
98
99
forloop: 0.624000ms

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 7 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください