都知事選ーそして将来の選挙戦へ。

産経新聞が「東京都知事選」各候補の街頭演説詳報を載せてくれています。

産経新聞 東京都知事選

各候補の主張がわかり、とても参考になります。
ありがたいです。

とは言え、これはネットのみの企画でしょうか。

ネットで見れる人たちはYou tubeで見る事ができる人たちでもあります。紙面(ハードコピー)は限られているとは思いますが、今後なんとか全候補者について紙面の方でも載せていただきたいところです。

今回の候補者の中には、今後10年を見据えている方も居る様に感じました。

彼らにとっては、今回の選挙は種まきです。

まずはみんなに投票に行くように。少なくとも投票に参加する事が第一歩。
そして、誰に投票するのか。これはもう自分で悩みに悩みぬいて選ばなければならない。
そういう風に都民皆が悩みぬいて投票しなければ何も変わらない、と言う事を再三仰っています。
まさに大事な考え方です。

誰が都知事になったとしても、投票率が劇的に改善した場合、この方の熱さの勝利と言えるでしょう。
短期的な目の前の選挙活動では勝てなかったかも知れませんが、長期的な将来の選挙活動に繋がる負けです。

きっとこの方もその成果を実績として、今後の活動に役立てていくのでしょう。
真っ当な、そして戦略的な勝つ選挙活動でしょう。

泣いても笑っても

残りは今日1日です。
後1日、都民に対してアピールする候補者の皆さんを応援しています。
そして、結果がどうあれ、各立候補者の今後に期待です。

我々も明日は投票に行きましょう。

今日期限前投票でも構いません。自分に与えられた一票を行使しましょう。
その際は自分の頭でしっかり考えた上で投票しましょう。後で失敗した!と思っても、自分で考えていれば諦めも付きますし、次の為の教訓も得られます。

公職選挙法は、ブログの書き方にも気をつけなければならなそうです。

詳細を理解するまでは、個人名をぼかしたエントリとしています。遅きに失したかも知れませんが。これ以前のブログはなんとか範囲内のはず。もし問題がある場合、ご連絡いただければ対応します。よろしくお願いします。